様々な種類のリキッドが楽しめるのが電子タバコの特徴

基本的に電子タバコは内蔵されているバッテリーによって作動しています。また電気によってリキッドを加熱し蒸気を発生させる仕組みとなっています。電子タバコの場合、大きく分けるとペンタイプとボックスタイプの2種類があります。ペンタイプは軽くて持ち運びやすいという利点がありますが、発生させる水蒸気量を調整できない製品も少なくないので使用する際は注意しておきましょう。一方、ボックスタイプはペンタイプに比べてやや重量感がありますが、加熱温度を調整できるため、水蒸気の量も調整できるという利点があります。またリキッドには、フルーティ系やメンソール系など種類が豊富にそろっている点が電子タバコの特徴とも言えます。

一般的な煙草と違い、電子タバコは火を使わない!

電子タバコと一般的な煙草の違いとして挙げられる一つが、たばこ葉を使っているか使っていないかという点です。タバコの場合、たばこ葉が使われていますが電子タバコではたばこ葉は使用せず、リキッドと呼ばれる液体を使います。電気によってリキッドを加熱し、発生した水蒸気を吸って楽しむのが電子タバコです。そのため、煙草とは違い火を使う必要がないので火事を発生させてしまうリスクを大きく軽減させる事ができます。

また煙草に使われているたばこ葉にはタールなど人体に悪影響を及ぼすと言われている有害物質が含まれており、様々な病気の要因になっています。しかし、電子タバコはそのような有害物質が含まれていないので、使っている本人だけでなく、周りの人たちへのリスクも大きく抑える効果があります。

ニコチンリキッドにはさまざまなフレーバーがあり、メンソールが一番人気です。その他にもフルーツ味やスイーツ味、ドリンク味があり、好みに合わせて選べます。