ニコチンが含まれていないのが電子タバコの特徴

電子タバコと通常のタバコを比較するときに分かりやすいポイントとなるのが、ニコチンが含まれているかどうかです。通常のタバコにはニコチンが含まれています。そのためニコチンを摂取したい人にとっては通常のタバコは手放せないアイテムでしょう。それに対して電子タバコにはニコチンが含まれていないものが多い傾向にあります。特に日本製の電子タバコは法律上ニコチン入りのリキッドを販売することができません。それを考えればニコチンのない電子タバコを買いたいのであれば、日本製品を探すのが有効だと考えられます。

電子タバコは健康被害も少ない

電子タバコにはニコチンが含まれていないので、水蒸気が発生するだけです。タバコ葉を燃焼させることもないので、健康への被害も少ないと言えます。水蒸気が出るだけなので、副流煙や受動喫煙のリスクが低いというメリットも得られます。それに対して通常のタバコはニコチンによる健康被害だけでなく、タールによる副流煙や受動喫煙のリスクも高いと言えます。自分だけでなく周囲の人の健康にも影響が出る可能性が考えられます。自分や周囲の人の健康を気にしているのであれば、電子タバコに切り替えるのが良いでしょう。

どこでも気軽に吸いやすいのが電子タバコ

通常のタバコは周囲への健康被害が考えられるので、吸う場所に気を遣う人も多いのではないでしょうか。家族や友人にタバコのニオイが苦手な人が居たら、その人の前でも通常のタバコは吸いにくいです。それに対して電子タバコは健康への影響が少ないので、どこでも気軽に吸いやすいというメリットがあります。タバコ特有の嫌なニオイも出さないので、人前でも気にすることなく電子タバコを楽しめます。

デザインがおしゃれなニコチンリキッドは、女性の利用者の増加に繋がりました。街なかでも吸っている女性は多いです。