一点もので丈夫な作り

アンティーク家具は古いものなので耐久性がなさそうと思われがちですが、実際には丈夫な作りをしています。古いものでは100年以上も使われているものもあり、とても頑丈に出来ているものです。古いからすぐに壊れてしまいそうというイメージとは違い、長い年月使い続けられることも魅力になります。一点ものであるので、量産品のように誰かとかぶることがありません。同じ寸法の家具であっても、それぞれで木目が違ったりするので違いを見つけて楽しむこともできます。また、長く使われることで傷がついたりして、それも魅力につながっていきます。

装飾のクオリティーの高さ

アンティーク家具は職人が一つ一つ丁寧に作りこんでいるので、その装飾もとても素晴らしいです。装飾や彫刻を細かく施しているので、アンティーク家具そのものが芸術品と同じ美しさを持っています。象嵌細工というものがありますが、これは別の素材をはめ込んで模様を描いていくものです。そのためとても長い期間と一つもミスをしない技術が要求されるもので、昔の職人さんの魂が伝わってきます。

買う機会を逃すと手に入らない

これは一点ものに通ずるものですが、一点ものであるので機会を逃してしまえば買うことはできません。そのためアンティーク家具とは出会いを大切にすることが大事で、良い出会いをするためにはタイミングがすごく重要になってきます。心に訴えかけるものがあれば、そのアンティーク家具とは良い出会いでしょう。そして購入に至ることも、魅力の一つといえます。

アンティーク家具の楽しみ方の1つに、ウンチクを語る事があります。家具それぞれの歴史や様式を深く知れば知る程、それだけ魅力が増していきます。